6-PAWL 「プラトン」




第6回カフェフィロPAWLのお知らせ

ポスター


日 時: 2017年10月20日(金) 18:30~20:30

テーマ: プラトンの 『パイドン』 を読む

会 場: ルノアール・飯田橋西口店 2号室



参加費: 一般 1,500円、学生 500円 
飲み物(コーヒー/紅茶)が付きます

 前回、ソクラテスの死の意味について考えましたが、その過程でもう少し議論すべきところがあると感じました。今回はその欠けていた部分を補う意味で、プラトンの『パイドン』を読み直すことに致しました。この副題は「魂(の不死)について」となっています。人類の歴史において常に問題にされてきた心と体の問題をソクラテスやプラトンはどのように考えていたのでしょうか。講師が彼らの考えを紹介した後、参加者の皆様に議論を進めていただきます。今回も始まる前には想像もできなかったような展開を期待したいと思います。
会終了後、懇親の会を予定しています。
興味をお持ちの方の参加をお待ちしています。

(2017年7月28日)



会のまとめ

今回の『パイドン』は前回の『ソクラテスの弁明』に続くもので、刑の執行までの間牢獄に置かれていたソクラテスが迎えた最後の日に起こったことが描かれている。ただ、プラトン自身は病気でその場にいることは叶わなかった。その場に居合わせたパイドンはその時の感情を次のように述懐している。
「親しい人の死に立ち会っているのに悲しい気持ちは起こらなかった。ソクラテスの態度も言葉も幸せそうに見えたからだ。だからと言って、会話が哲学的なものではあったが、哲学している時の愉しい感情も湧かなかった。喜びと苦しみが入り混じった、今までに経験したことのない奇妙な感情に囚われていた」
ソクラテスは死を人間にとって生より無条件でより善いものであり、我々は神々の奴隷であると考えていた。そして、神々は我々を配慮しているので、その意に反して死ぬこと(自殺)はできないとした。死を言い渡されたソクラテスがそれに従い毒杯を仰ぐことをどのように考えていたのだろうか。この世を支配する神々より賢く善い神々のところ、そしてこの世の人々より優れた死んだ人のもと(ハデスの国)に行くという希望を持っていたようである。
ソクラテスの考える哲学者像が最初に紹介されている。「真理」や「知恵」の獲得には思考を必要としているが、肉体の感覚が齎すものは世界の見かけ上の像に過ぎず、また肉体を介する快楽、恐怖、争いは真に考えることを阻害し、哲学するゆとりを失わせるので、できるだけ肉体から離れ、魂の方へ重点を置くようにしている。つまり、肉体を最も侮蔑し、肉体から逃亡し、自分自身の魂だけになり、「そのもの」を観ようとしている。このような態度で生きている人が哲学者であり、このやり方はすべての 「もの・こと」 の本質(ousia)の探究にとって重要になる。とすれば、死ななければ真実には辿り着かないことになる。死によって魂は肉体と分離するからである。哲学者とは、死人同然に生きる人ということになる。
プラトンの中に、知覚される世界と感知できない世界の乖離がある。前者は見せかけの世界であり、動いていて「成る」世界であるのに対して、後者は普遍的な形(相)がある世界、あるいはイデアの世界とも言えるだろう。有名な洞窟のアレゴリーでは、我々の感覚は縛られたものであり、そこで捉えられている世界は真の姿の影絵にしか過ぎないということが表現されている。そこから、真理に至るには感覚によってではなく、感知できない世界を観ることができる魂の働きによらなければならないことが導き出される。









François Boucher, La mort de Socrate (esquisse en grisaille, 1762)


参加者からのコメント

● 昨日は有難うございました。特にパイドンという素晴らしい作品を読む機会をいただき感謝しております。読後、魂が浄化されるような作品でした。プラトンのイデア説は西洋哲学の背骨をなす考え方であり、それに触れることができたのも貴重な経験でした。私の関心は認識論にありますので発言も会の趣旨とは多少異なっていたかとは思いますが、その点はお許しください。また機会がありましたら参加いたしたく存じます。取り急ぎ御礼まで。








フォトギャラリー




今回はカフェでの撮影を完全に失念していた。
そのため懇親会だけの写真掲載となった。
懇親会には4名の方が欠席されたので、9名の参加があった。
また、新しい方が3名(内、1名は北海道から)参加された。
お忙しい週末の夜に参加された皆様に改めて感謝したい。

(2017年10月21日)







Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire